ブログ, 運命学について

空亡について

東洋運命学の勉強を始める前から「毎年、年の始めの方はどうも調子が悪い……」と感じていたのですが、「自分はスロースターターだし、正月ボケが長引いているだけかも?」となるべく気にしないようにしてきました。
でも、勉強を深めていく内に「これは空亡のせいだったんだ!」と理解し、少しづつ対処もできるようにもなりました。

「空亡(くうぼう)」というと耳慣れない言葉かもしれませんが、「天中殺」というと「ああ、あれか!」と納得される方も多いのでは?
天中殺とは「天が味方をしてくれない不運の時期」「災いがおきる凶運の時期」として知られていますが、ただただ恐れるもの、忌み嫌うものではありません。
天中殺をやたらと恐ろしいものとして扱う占術もあるようですが、空亡(天中殺)とは、その人の個性でもあり、強みでもあり、自分の運気のバイオリズムを知るために大事なもの!

空亡の周期は、12年間の内の2年間、12ヶ月間の内の2ヶ月、12日間の内の2日間、1日の中の4時間、誰にでも平等に巡ってきます。
この期間は、体や心、運気が乱れがちになるため、迷いが生じやすくなったり、判断を間違いやすくなったりもします。
また、人間関係の「縁」と深く関わる出来事が起こるため、「合縁奇縁」といった不思議な出会いや、腐れ縁といった現象がよくみられます。

自分自身の努力によって、空亡期間に出会った「縁」をよくすることができるのですが、先ほども書いたように空亡期間は「判断を間違いやすい」といった傾向があります。
そのため、くっついてはいけない人やモノとくっついたり、離れてはいけない人やモノと離れてしまうことが多くみられます。
一般的に空亡(天中殺)の時に「結婚しない方がいい」とか「会社設立などは控えた方がいい」と言われているのは、あらゆる縁が押し寄せて来る中で「判断を間違いやすい」からなんです。
空亡期間だからといって、行動を控えたり、ただただその期間が過ぎ去るのを待つだけなんてもったいない!
空亡期間だからこそ、やるべきことだってあるんです。

自分の空亡を知ることは、不運の時期を無事に過ごすための準備、チャンスの時期にその波に乗る準備をするために必要なことと言えます。

さて、そんな空亡ですが、自分の生年月日から「子丑空亡、寅卯空亡、辰巳空亡、午未空亡、申酉空亡、戌亥空亡」といった6つのタイプにわけられます。


今年は「戌年」、来年は「亥年」ですから、2018年と2019年に注意が必要になるのは「戌亥空亡タイプ」の人です。
また、月の空亡をみると、今月3月は「寅卯空亡タイプ」、来月4月と再来月5月は「辰巳空亡タイプ」の人は慎重に行動しなければいけません。
 

あなたも自分の空亡タイプを知って、不運、幸運の波を乗りこなしませんか?
ぜひ一度「運命学カウンセリング」を受けてみてくださいね。

2018-03-15 | Posted in ブログ, 運命学についてNo Comments »